FC2ブログ
Photo Gallery

6月23日に北海道立文学館で歌います!

  04, 2019 12:49
1月~5月の間、すっかりブログ更新がご無沙汰しておりました! 閲覧してくださった方、大変失礼いたしました。

演奏会のお知らせを一つ。

6月23日の日曜日、北海道立文学館にて演奏会 「双弦と歌 Vol.2 ~風に乗って届け、古の旋律よ~」 を行います。私はいつも通り歌とアイリッシュハープ、そしてカンテレ奏者のHirmaさんと二人でアイルランド・フィンランド・スペインに古くから伝わる音楽をお届けします。中島公園を散歩しながら、意外と訪れる機会のない資料館の中で、古めかしい音楽を聴いてみませんか? 多くの方に聴いていただきたいと思い、複雑にはなりましたが料金設定も複数用意いたしました。下記に演奏会の詳細を記載いたしますので、ご家族、お友達をお誘いのうえ是非お越しくださいませ♪


      *      *      *


双弦と歌 Vol.2 ~風に乗って届け、古の旋律よ~

アイルランド、スペイン、フィンランド
古き時代から多くの人に愛され、受け継がれてきた音楽を
歌とアイリッシュ・ハープ、カンテレで奏でます。


【日時】2019年6月23日() 18:15 開演 (17:45 開場)

【料金】 予約・当日で金額の変動はありません。
一般 2,000円
学生 小中学生:500円/高校生以上(学生):1,000円 
65歳以上 1,000円
身体障がい者 500円


ご注意
一般料金(2,000円)以外での入場をご希望される方は、年齢や在籍を証明できるものをお持ちください。
例:学生手帳、敬老パス、敬老手帳、障がい者手帳など
(いずれも提示がない場合は、学生であっても一般料金(2,000円)をお支払いいただきます。)


【会場】北海道立文学館(札幌市中央区中島公園1番4号)
アクセス
①地下鉄
  南北線「中島公園」駅(出口3番)下車徒歩6分
  南北線「幌平橋」駅(出口1番)下車徒歩7分
②路面電車
  札幌市電「中島公園通」駅下車徒歩10分
③バス
  中央バス 西岡平岸線79・羊ヶ丘線89 「中島公園入口」下車 徒歩4分
  JRバス 山鼻線 循環啓55・56・65・66 「中島公園入口」下車 徒歩4分
  ※ご来館の際には公共交通機関をご利用ください。


【出演者】
宇治 美穂子(歌、アイリッシュ・ハープ)
国内外の音楽祭や講習会にてG.ロランス、R.マメリ、波多野睦美、P.セレムズィンスカ各氏より声楽指導を受ける。13世紀スペインにて誕生した「聖母マリアの頌歌集(Cantigas de Santa Maria)」との出会いで感銘を受け、2014年より中世音楽の演奏とアイリッシュ・ハープ弾き歌いを始める。2017年にはサンティアゴ・デ・コンポステッラ市内の教会にてコンサート出演。声楽家としても活動、声楽指導も行っている。Ensaladas de Musica(エンサラーダス・デ・ムジカ)主宰。
 
Hirma(カンテレ) 
カンテレ奏者 佐藤美津子、Ida Elina、Minna Raskinenに指導を受ける。コンサートカンテレのクラシック奏法と、民族音楽を学び、主にアンサンブルや伴奏として活動をしている。これまでに、宇治美穂子、Adriana Alcaide(スペインのバイオリン奏者)夢和(ギター奏者)minstrel(ケルト音楽ユニット)Nana(ハンマーダルシマ奏者)とのコラボ。2016年にはフィンランドでMinna Raskinen主催のコンサートにて共演。


【主催】 Ensaladas de Música

【後援】 日本カンテレ友の会
スポンサーサイト

2018年、ありがとうございました。

  31, 2018 11:33
2018年も今日で終わり。
 
1月は室蘭にある聖ベネディクト女子修道院にお世話になり、夜の祈りや奉仕演奏をさせていただきました。
3月は波多野睦美さんと一緒に六花亭ホールで、声楽アンサンブルで共演させていただきました。
5月は初めて大阪に行って中世音楽まつりに参加し、演奏を楽しみつつもイベント企画に強い関心を抱きました。
7月は東京で初めて投げ銭ライブをおこない、またソロライブを継続して開催しました。
9月は地震が発生し全道がほぼ停電、少しだけ中世の生活を味わいました。
11月は “Ensaladas de Música(エンサラーダス・デ・ムジカ)”を立ち上げました。
 
思い返すと色々なことがあり、大変ながらもライブをたくさん実現し、関わった方々とも充実した時間を過ごすことができました。
それと同時に音楽のことを考える時間が増えて、今後の人生を深く考えるようになりました。
 
更新頻度は低いものの、このブログでライブの宣伝や、参加したイベントの感想等を発信できたことをとても嬉しく思います。記事を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
2019年も演奏の機会をなるべく多めに作り、立ち上げたばかりの団体“Ensaladas de Música(エンサラーダス・デ・ムジカ)”でのイベント企画も頑張りたいと思います。
 
北海道はこれからますます寒くなりますが、風邪を引かないよう気を付けて生活していこうと思います。健康第一!
 
皆様も充実した年末年始をお過ごしくださいね。
 
 
きなこ餅が食べたいなぁ。 
 
 

Ensaladas de Música を立ち上げました。

  20, 2018 02:53
11月初旬に “Ensaladas de Música(エンサラーダス・デ・ムジカ)” という団体を立ち上げました。札幌を活動拠点とし、ワークショップやイベントを通して音楽を中心とする芸術・文化・歴史に触れ、​楽しむことを目的としています。
 
中世音楽を好んで演奏する私が主宰のため、イベントやワークショップは中世ヨーロッパに関係するものが多くなると思います。薬草(ハーブ)や有名な修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの講座を開催したい! と考えておりますが、そういった専門知識が必要なものについては講師の方をお招きする予定です。私も学びたいですし、専門家がどのように資料や歴史と向き合っているのか興味がありますし、そういったものが大好きな方が触れる機会を作れればと思います。音楽に関しては声楽家を東京からお招きし、プロ・アマ問わず参加できる講習会も開催予定です。
 
私自身今年は色々な出会いがあり、きっかけがいかに大切さを改めて実感しました。そのきっかけを“Ensaladas de Música”で作り、自分も周りの人も楽しめる場を作りたい。
 
ブログのリンクにも追加しておりますが、下記が“Ensaladas de Música”の公式サイトとなります。協力してくれた友人の助力もあり、爽やかな仕上がりとなっております。
 
https://www.ensaladas-de-musica.com/
  
また、サイトではワークショップの情報を新しく追加しております。
今週の12月21日(金)の19時から札幌北区民センター 1階会議室にて「歌と楽器でマリア賛歌を楽しむ会(仮称)」を開催いたします。13世紀スペインにて成立した聖母マリアの頌歌集(Cantigas de Santa Maria)を楽しく歌うワークショップです。楽譜を読めなくても歌えるようにサポートいたしますので、ご興味がある方は是非ご連絡くださいね。
 
今後、ブログでも“Ensaladas de Música”の情報を紹介することがあると思います。Facebookページも作成しましたので、登録されている方は「いいね!」していただけると嬉しいです。
 
 

4回目のソロライブが終わりました!さて、来年は……?

  08, 2018 18:44
12月6日(木)開催のソロライブ「歌と楽器による冬の贈り物」が無事に終了いたしました。
 
救世主が現れるのを待ち望む歌 “Veni,veni,Emmanuel(来たれ、救い主よ)”。
クリスマスの過ごし方や天使が羊飼いにイエス誕生を告げられた情景を描いた歌 “Wexford Carol”。
ガブリエルから受胎告知を受けるマリアを描いた「聖母マリアの頌歌集」より415番 “Tan bẽeita foi a saüdaçôn(奇跡を目にした故に、私たちは敬意を表します。)” の他、ラウダやヒルデガルト・フォン・ビンゲンの聖歌を演奏いたしました。
 
冷え込んだ平日の夜でしたがお客様に足を運んでいただき、お客様と一緒に歌えたこと、その後の食事会で色々なお話ができたことを嬉しく思います。ご来場いただいた方、そして気にかけて下さった方、ありがとうございました。
 
ソロライブではありませんが、来年の2月24日(日)の夜、札幌市白石区にある岩本珈琲にてライブが決まっています。フィンランドの伝統楽器、カンテレを演奏するHiromi Hokkanenさんとのデュオライブです。中世ヨーロッパの音楽、アイリッシュ音楽、フィンランドの伝統音楽など様々なジャンルの作品を演奏する予定です。伝統楽器、美味しい珈琲や中世ヨーロッパの音楽がお好きな方は是非、来年の予定のチェックをお願いいたします。
 
さて、今年最後のライブは終わったけれど、企画や打ち合わせで忙しくなるぞ~!
楽しみながら精進いたします。
 
 
 

東京に行ってきます!

  13, 2018 08:24
13日(火)~17日(土)の五日間、東京に行ってきます!
今はまだ自宅でのんびりコーヒーを飲みながら出発時間を待っているところです。
 
お世話になった宿泊施設でのサロンコンサート(招待制)、演奏会鑑賞、目白での演奏会出演が主なスケジュール。札幌での演奏活動でメインの相棒であるアイリッシュ・ハープを現地で使うこととなり、目白「喫茶神居」でも弾き歌いを披露させていただきます。東京では歌のみで出演するかハープを借りることが多いので、自分の楽器を使えるのが嬉しいです。ハープは郵送してるので、傷ついてないかどうかが不安だけれど…。
 
休日の前に美味しいコーヒーを飲みながら音楽を聴きたい…という方へお知らせです。
 
11月16日(金)の19時から、JR目白駅が最寄り駅である“喫茶神居”にて「古の響き~時を超えて~」という題のもと演奏会をおこないます!イギリスやアイルランドの民謡、吟遊詩人の歌、中世スペインのマリア賛歌やダウランドの歌曲など、さまざまな音楽をお届けいたします。ダルシマー、アイリッシュ・ハープ、歌でつくりあげる音楽を、素敵な空間でくつろぎながらお聴きいただければと思います。
 
ダルシマー奏者である小川美香子さんとは過去、何度か中世音楽の演奏会でご一緒しております。幅広いジャンルの音楽をレパートリーとしていて、この演奏会ではジョン・ケージの作品も演奏されます!アイリッシュ・ハープ奏者の田中麻里さんとは今回が初めての共演となります。札幌で出演されたライブを聴きに行った際、その繊細で美しい演奏に引き込まれました。いつか一緒にライブやりたいな…と感じましたが、こんなに早くも叶うとは!とてもドキドキしています。
 
是非、神居でしか聴けない音楽を感じていただきたい!
下記に演奏会の詳細を記載いたしますので、是非ご検討ください。
当日のご来場も大丈夫ですが、ご予約される場合は会場か私(宇治)までご連絡ください。
私への連絡で留守電になった場合は、メッセージの吹き込みをお願いいたします。なるべく早めに折り返しご連絡いたします。
 
 
      *      *      *
 
 
古の響き ~時を超えて~
きらめきの歌声を晩秋の風にのせてお届けいたします。

【日時】 2018年11月16日(金) 
開演19:00 
開場18:30

【料金】 3,000円(オールドビーンズのコーヒー付き)

【会場】 喫茶神居(かむい)
豊島区目白3-13-23 目白グラニテ2階
JR目白駅から徒歩3分

~ プログラム ~
聖母マリアの頌歌集より(アルフォンソ賢王編)
ビーゴの海の波(M.コダス)
スカボローフェア(イングランド民謡)
行け 水晶の涙よ(J.ダウランド)
アイルランド民謡・舞曲
※曲目は都合により変更になる場合があります。

【出演者】
宇治美穂子 歌
小川美香子 中世ダルシマー
      ダルシマー(独名ハックブレット) 他
田中麻里  アイリッシュ・ハープ

【お問合せ・ご予約】
神居 03-3953-6793(9:30~19:30)
宇治 090-8906-9617

【後援】 NPO法人 日本ルネサンス音楽普及協会
 
 
■ 目白のネルドリップ珈琲の店 喫茶神居
http://kamui.coffee/
 
 

What's New